この話はつい先日のこと。

この日は仕事が休みということもあり予定もないので昼まで寝てました。(前日友人と遅くまで飲んでましたww)

起きてからはナマケモノのようにダラダラと朝?昼?ご飯を食べてシャワーを浴びてまたゴロゴロ。ゴロゴロしてしばらくすると無性にムラムラしてきたんですよね。

なのでセフレにLINEして「今から会える?」と聞いてみたんですが、「今日は無理なの…。また今度ね!」との事(~_~;)

風俗には絶対に行かないと俺は決めているので、出会い系のPCMAXを使って女の子を探し始めました。

普段割り切りは利用しない私ですが、この日ばかりはその日のうちにSEXしたかったのでアダルト掲示板で女の子を探していたところ、住んでるところが近めな車内プチの相手を募集している女性を発見。

名前はS。顔写真もなく歳は35歳と少し年増ですが、すぐにでも抜きたい私はSとやりとりをしました。

S「じゃあ車の車種とナンバーと色教えて♡」

俺「〇〇の白です!」

S「分かった♪ じゃあ〇〇駅まで来てくれる?」

俺「分かりました^^」

こうして俺はSに指定された駅へ。

これが後に悲劇を呼ぶことになるとは…。

【初めてみたSは予想を遥かに超えたBBAでした】

駅のロータリーに車を停めて携帯を見ながらSのことを待っていると、いきなりガチャッ!という音が鳴ったと思うと見知らぬ女が助手席に座ってきた。

この瞬間俺はその人がSだと思ったんだけど…

まあとんでもなくブサイクでデブで老けたBBAだったんですよね!!

35って聞いてたけど45はいってるだろという風貌。おまけにまあ体臭がキツイ。風呂入ってんのか?って感じのレベルでした。

おまけに歯なんてヤニでめちゃくちゃ黄色だしマジで化け物を車内に入れてしまったと後悔。

S「お待たせ♪ じゃあ少し人が少ないところに行こっか…♡」

行こっか♡じゃねぇよ。降りろよ。と言いたいところだったが、あまりにもインパクトのあるSに怖気付いてしまった俺はそのまま断る事なく車を走らせたのだった…。

断ったら食い殺されそうだったんでね…(~_~;)

【そしていよいよプレイ…。Sがとった行動とは?!】

もう来てしまったものは仕方ない。してもらうだけしてとっとと帰ろうと思い、俺とSは後部座席へ。

サッとパンツを脱いで頑張って勃起をさせようと思ったけどなかなか勃たず。

しかし目を閉じて以前出会い系で出会った可愛い女の子を考えて意地でも勃たせましたww

そしてそんな中フェラをしてもらっている時のこと。

急にイッてもないのにフェラチオが終わった。

(ん?何だ?)

極力目を開けたくないので何をしているか分からなかったが、どうやらSが俺の太ももの上に座って来ている感覚があった。

俺「え…なにしてんすか?」

S「私も我慢できなくなって…♡」

なんとSは挿入しようとしてたのだ、しかも生で。

俺「か、勝手な事すんなよ! もういい、お金払うから帰ります」

S「えーヤダヤダー!」

俺は抵抗してくるSを無理矢理降ろしてキレながら車を走らせましたww

あ~今思い出しても若干吐き気するくらいキツかったわ…。

【まとめ】

手軽さゆえについつい利用したくなる出会い系の割り切りですが、こういった落とし穴もあるので十分注意していただきたいですね。

特に今回の私の体験談はまあ最悪の部類だと思いますけど…w

まあ割り切りは写真とか掲載している女の子が少ないってのもありますが、にしてもこの日はヒキが無かったなって思いますww

極端に値段が安かったり、少しでも違和感を覚えたら警戒する事をオススメします。

いい出会いはPCMAXでいくらでもできますからね~!!

あとはあなたのヒキ次第!ww